創業後の支援

小規模企業共済制度

事業主の退職金制度!
個人事業主・会社役員の方には効果的な節税策!

当共済制度は、国が運営する「事業主の退職金制度」といえるものです。
小規模企業の個人事業主(共同経営者を含む)が事業を廃止した場合や、会社等の役員が退職した場合などに共済金が支給されます。
しかも掛金は、全額所得控除という大変有利な制度です。

加入資格

常時使用する従業員が20人(商業とサービス業では5人)以下の個人事業主と会社の役員、一定規模以下の企業組合・協業組合の役員の方です。

掛金

  • 毎月の掛金は1,000円から70,000円までの範囲内(500円きざみ)で自由に選べます。
  • 加入後、増・減額ができ、前払いもできます。
  • 掛金は全額が「小規模企業共済等掛金控除」として、所得金額から控除されます。また、1年以内の前納掛金も同様に控除されます。
(確定申告より抜粋)掛け金が全額所得控除になります。

労働保険事務代行サービス

労働保険とは「労災保険」と「雇用保険」の総称で、労働者を1人でも雇用していれば加入することが義務付けられています。神戸商工会議所労働保険事務組合は、事業主の皆様に代わって、煩雑な事務処理をわずかな手数料で行います。

事務組合のメリット

  1. 事業主及びその家族従業員、法人役員労災保険に特別加入(第1種)できます。
  2. 保険料は金額に関係なく3分割して納付できます。
  3. 面倒な事務が省けます。
  4. 複数の事業所を一括して申告・納付できます。(継続事業の場合)

事務組合加入資格

  1. 神戸市内で事業活動を行っている会員事業所
  2. 常時使用する従業員数が
    1. 金融、保険、不動産、小売業では50人以下
    2. 卸売、サービス業では100人以下
    3. その他の事業では300人以下
  3. 事務委託手数料
    納付する保険料の14.04%(税込)です。(平成27年4月1日現在)

委託できる事務の範囲

  1. 保険料の申告及び納付に関する事務
  2. 保険関係成立届、任意加入の申請、雇用保険の事務所設置届等事務手続き
  3. 労災保険特別加入申請、雇用保険被保険者届出関係事務 など