補助金・助成金情報

補助金・助成金について

中小企業・小規模事業者向けの補助金・助成金をご紹介します。各種補助金には下記に記載している以外にも詳細な要件があり、内容の一部が変更されることがあります。公募開始時期等、まずはお近くの各支部までお問合せください。

①小規模事業者持続化補助金

小規模事業者(注)が経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取組みに対し、原則50 万円を上限に補助金(補助率2/3)が受けられます。
申請には「経営計画書」の作成が必要になります。経営計画書の作成は、補助金を受けるためだけではなく、自社のこれまでの経営の見直しや今後の方向性の決定を行うきっかけづくりにもなります。
計画書の作成にあたっては、商工会議所の経営指導員がアドバイス致しますので、お気軽にご相談ください。

(注)小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員が20 人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5 人以下)の事業者を指します。

②ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金

革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等を支援する補助金です。

(1)革新的サービス・ものづくり開発支援

「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」(注)で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3~5 年計画で「付加価値額」を年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。

(a)一般型
中小企業が行うサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援します。
補助上限額:1,000 万円(補助率2/3)

(b)小規模型
小規模な額で行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を支援します。
補助上限額:500 万円(補助率2/3)

(2)サービス・ものづくり高度生産性向上支援

上記(1)の革新的サービス開発・試作品開発・プロセス改善であって、IoT 等を用いた設備投資を行い、生産性を向上させ、「投資利益率」5%を達成する計画であること。
補助上限額3,000 万円(補助率2/3)

中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドラインはこちら

③創業・第二創業補助金

地域活性化を図る上で不可欠な、創業による新たなビジネスや雇用の創造、事業承継を契機とした第二創業を促進するため、創業に要する経費の一部を援助する補助金です。

(1)新規創業の方

公募開始日~補助事業終了日の間に創業予定の方(補助上限200 万円、補助率2/3)

(2)第二創業

公募開始日の前後6 ヶ月以内に事業承継を実施し、かつ、募集開始日から補助事業終了日の間に新事業に進出する予定の方(補助上限1,000 万円、補助率2/3)

補助金3 つのポイント

①それぞれの補助金ごとに目的と仕組みがあります。

  • 補助金は、国の様々な政策ごとに、いろいろなジャンルで募集されています。
  • それぞれの補助金の「目的・趣旨」といった特徴をつかんで自分の事業とマッチする補助金を見つけましょう。

②補助を受けられるのは事業全部または一部の費用。

  • ただし、必ずしもすべての経費が補助対象となる訳ではありません。事前に募集要項等で補助対象となる経費・補助の割合・上限額などを確認しましょう。

③補助の有無やその額については審査があります。

  • 補助の有無・補助金額は「事前の審査」と「事後の検査」によって決定します。審査には「申請」が必要です。ポイントをわかりやすくまとめて申請しましょう。
  • 補助金は後払い(精算払い)です。事業を実施した後に報告書等の必要書類を提出して検査を受けた後、初めて受け取ることができます。

積極的に情報を集めて、補助金を有効に活用しましょう!